昭和ボストンのプログラム

史跡と近代的ビルが融合する、アメリカ東海岸の学園都市ボストン。
昭和ボストンは1988年の開校以来、”A bridge across the sea”という理念のもと、 大西洋を越え日本とボストンとの交流を推進し、草の根的文化交流を推進してきました。
カリキュラムの特長は、まず少人数クラスで集中学習する英語。さらに、寮に滞在するRA(レジデント・アシスタント)による課外活動のチャンスやコミュニティサービス、フィールドワークなどの機会が豊富に用意されていること。英語学習だけでなく、地域との交流を通じて自信を養い、主体的に学び続ける力を身につけていきます。
boston

『モノゴトへの興味と考え方が変わった。』
多くの学生が世界に飛び出して、グローバルに変化した自分を実感しています。

昭和ボストンのより詳しい情報は「昭和ボストン公式ホームページ」をご覧ください。
昭和ボストン Showa Boston Institute for Language and Culture

プログラム一覧

プログラムは研修テーマや対象学科別に、年間を通して実施しています。
あなたの目的に合ったプログラムが、きっとあるはずです。

短期プログラム

夏休みまたは春休みを利用して、英語学習だけでなく文化体験や特定の分野・テーマについて学ぶプログラムを用意しています。施設見学や体験学習を豊富に盛り込んだプログラムは、一部の授業・訪問に通訳も同行するので、英語に自信がくなくても安心して参加できます。
プログラム詳細はこちら

 

ボストン長期プログラム
分類 プログラム名 対象学科 留学期間
学科
必修
University 英語コミュニケーション学科 15週間(+4週間) *1 原則希望制
*2 希望者選抜制
学科必修のため、いずれか一つを選んで参加
FSP(Four Seasons Program)*1 15週間(+4週間)×2期
BLIP(Boston Long-term Intensive Program)*2 15週間(+4週間)×3期
ボストンイマージョンプログラム 国際学科 15週間(+4週間)
グローバルビジネスプログラム ビジネスデザイン学科 19週間 希望選抜者はもう1期(15週間+4週間)留学延長可能
応募制 春期15週間ボストンプログラム 上記3学科以外 15週間
秋期15週間ボストンプログラム 15週間

<2018年度春期15週間ボストンプログラム 説明会・申込について>
2018年度春期15週間ボストンプログラムの説明会を以下の日時で実施します。
clock 2017年5月23日(火)、6月2日(金)、8日(木)、22日  12:20~13:00
building Global Lounge ※内容はどの日程も同一です

プログラム名 実施期間 費用 内容
春期15週間
ボストンプログラム
4月~8月 約$7,250 英語集中講義とアメリカ文化の理解を深める授業や選択科目によって、英語力と専門性を養う。
合計18単位修得可能(単位の種類は所属学科により異なる)
昭和ボストン紹介パンフレット
2018年度 春期15週間ボストンプログラム募集要項 

2018年度 春期15週間ボストンプログラム申込書

秋期15週間
ボストンプログラム
9月~1月 約$7,250
ボストン延長プログラム(+4週間プログラム)

ボストン長期プログラム参加者(「グローバルビジネスプログラム」参加者除く)用に作られた4週間プログラムです。上記表で(+4週間)が既に含まれているプログラムはこの中から参加プログラムを選択します。15週間で修了するプログラム参加者は、希望に応じて留学を延長して参加することが可能です。

プログラム名 対象学期 語学基準 内容
昭和ボストン
延長プログラム
前期/後期 なし Speaking、Listening、Reading、Writingの4技能の応用プログラム。
※3単位修得可能
(科目分類は学科により異なる)※一般教養科目3単位修得可能(現代は専門科目)
Emmanuel Collegeプログラム 後期 TOEIC600点以上 グローバル社会での女性の役割に関するEmmanuel Collegeによる特別科目を週2回履修。その他3日は昭和ボストンで補習授業あり。
※3単位修得可能
(Emmanuel Collegeの単位修得あり)
Newbury College
プログラム
後期 TOEIC600点以上 Newbury Collegeの新入生向け大学準備教育を中心とした特別科目を週2回履修。その他3日は昭和ボストンで補習授業あり。
※3単位修得可能
(Newbury Collegeの単位修得あり)
ボストンオプションプログラム(夏・春 休暇中プログラム)

昭和ボストンでの前期(Spring)および後期(Fall)修了後の休暇期間中に行われるプログラムです。

プログラム名 対象学期 語学基準 内容
ロイヤルローズ大学
ホスピタリティ&ツーリズムプログラム
夏・春 TOEIC500点程度 ロイヤルローズ大学でビジネス英語・ホスピタリティの講義を受け、現地のホスピタリティ・ツーリズムに関わる様々な職場を訪れます。
International Volunteering 夏・春 TOEIC600点 ボストンの非営利団体で週3回ボランティア活動をし、週2回は昭和ボストン内でコーディネータやゲストスピーカーによる講義受けます。
ボストン協定校セメスター認定留学

後期の時点で昭和ボストンに留学中の学生のみを対象とした交換の認定留学プログラムです。
ボストン近郊の3つの協定大学に1セメスター(1月中旬から5月中旬)留学し、海外大学での正規授業履修が可能です。昭和女子大学の翌前期の学費を納めることで、留学先大学の学費は免除されます。
また同様に、後期に昭和ボストンへ留学している学生に限り、TUJ単位互換プログラムのSpring Semesterも「認定留学」として参加可能です。
詳しくは募集要項を確認してください。

留学先大学名 語学基準 定員
Framingham State University TOEFL iBTまたはIELTSのスコアが必要。
詳細な語学基準は年度毎の募集要項を確認。
2名
Newbury College 2名
Lesley College 2名

◆2018年度前期 ボストンセメスター認定留学(TUJ, FSU, Newbury, Lesley)募集要項

応募に際しては、以下の通り申込書と推薦書、さらにはTUJ専用の申込書や認定留学申込書なども必要になります。募集要項に沿って必要書類を準備し、期限までに提出してください。


1.申込書-Application for Semester Study Abroad

*Wordファイルに直接入力し、他の必要書類を添えて提出しましょう

2.推薦書-TUJ Spring Study Abroad/Boston Exchange Program Faculty Reference Form
*Wordファイルの「Student」の個所のみ入力し、Wordファイルを推薦を依頼する教員にメール添付で送ってください。
依頼する教員は2017年度前期ボストンにいた学生は昭和ボストンの教員、東京にいた学生はクラスアドバイザーに依頼してください。


なお、上記以外に学内選考のためには認定留学申込書、履歴書・自己紹介書の記入が必要です。
認定留学のページからダウンロードください。

また、TUJへの応募の場合は、TUJ単位互換プログラムのページもよく確認した上で、専用申込書も記入ください。


※ボストン留学時でも、その他通常の協定校認定留学への応募も可能です。
詳しくはこちら認定留学と休学留学

ページの先頭へ