2017/07/27

【学外】フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム説明会開催

将来英語教員または英語教育に携わる意志のある方を対象に、以下の通り「フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム」の案内がありました。 以下をご参照の上、関心のある方は最下部問い合わせ先までご連絡ください

——————————————————————————————————

日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)は、英語教員または将来英語教育に
携わる意志のある方を対象に、「フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラ
ム」の申請者を募集します。

プログラムの詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.fulbright.jp/scholarship/programs/flta.html

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラムとは
アメリカの大学で日本語を教えながら、
英語教育のスキルを高める
自身の英語能力を高める
アメリカの社会や文化についての知識を深める
ことを目的とした9ヶ月のアメリカ留学奨学金プログラムです。

◆応募資格
1)日本在住で日本国籍を有すること。
2 )学士号取得者または見込み者(2018年5月31日以前)で、下
記のいずれかに該当する者
a.  英語教員免許保持者
b.  将来英語教育に携わる意志のある者
3)プログラムの性質上、特に若手からの応募を歓迎する。
4)2015年8月~2017年8月実施のTOEFL (iBT) 79-80以上、また
はIELTS (Academic Module) 6.0 以上のスコアレポートを提出すること。指定
期間内に受験したものでも、ITP TOEFL (Institutional Testing Program) およ
び IELTS (General Training Module) のスコアは認めません。
5)上記期間に実施されたTOEFL またはIELTS を受験し、その結果が基準点
に達していない場合でも応募は可能(要相談)。ただし、その場合は2017年
12月末までに上記基準点をクリアすること。

◆募集人数
15名

◆活動内容
アメリカの大学で1学年間(9ヶ月間)、日本語クラスを教員として担当ま
たは補佐する(派遣大学により異なる)。
カルチャーイベント、日本語クラブ等を企画・運営する。
大学でアメリカ研究や英語教授法のクラスを受講する。

◆奨学期間
2018年8月~2019年5月(9ヶ月間)

◆応募締切日
2017年8月31日(木)

◆申請方法

日米教育委員会のホームページでご確認ください。
http://www.fulbright.jp/scholarship/programs/flta.html

★フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム説明会開

開催日時:2017年8月9日(水)15:30-18:00
内容:FLTAプログラムの説明
FLTA同窓生3名によるパネルディスカッション
質疑応答
会場: アメリカンセンターJAPAN
URL:http://www.fulbright.jp/study/event/setsumei_gr.html

同日、同会場にて、EducationUSA主催 TESOL(英語教授法)留学セミナーも開
催されます。
https://business.form-mailer.jp/fms/20de250672431

**********************************************************************
問い合わせ先
日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)
フルブライト交流部
業務時間: 月~金 9:00~17:30
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル207
TEL: 03-3580-3233    FAX: 03-3580-1217
メールでのお問合せ: program@fulbright.jp
**********************************************************************

  • トビタテ!留学JAPAN
  • 国際交流センターブログ
  • ボストンブログ
教学支援センター
国際交流課(CIE)

1号館2階
窓口時間:平日(月~金)
8:30~17:00
Tel:03-3411-5249
cie@swu.ac.jp

> 教学支援センター 国際交流課(CIE)について

ページの先頭へ