2019/11/07

東京オリンピックメディアインターン募集のお知らせ

東京オリンピックメディアインターン募集

オリンピック放送機構(OBS)が東京オリンピックのメディアインターンを募集しています。
今回募集の業務は全ての競技会場から送られてくる映像をライブラリー化し、世界中の放送局が必要な映像を瞬時に探し出して提供するお仕事です。
専門トレーニングを受講後、選考を経て採用が決まります。すべて英語で業務を行うため、高い英語力が必要になります。
インターンを通して得られる経験は、将来グローバルに活躍される際に糧となる素晴らしい経験、一生の宝となる友人や思い出を作る機会になるかと思います。

ポジション(業務)】
アーカイブス(映像のライブラリー化と放送局への配信など)

定員】(トレーニング枠):10名

参加の流れ
①トレーニングワークショップ申込
②トレーニングワークショップ
③エントリー
④選考
⑤勤務先・期間決定
⑥オリンピック期間中(7月24日~8月9日)1500名以上の学生が有給インターン

トレーニングワークショップ
※計6日間 受講しないとエントリーできません。

合同セッション 11月16日(土)もしくは11月23日(土)どちらか
トレーニング 11月10日(日)~11月14日(木)

募集要項
- 2020年4月1日時点で18歳以上の方
- 日本の学校に在籍する方、卒業して2年以内の方
- 英語力が中上級以上の方(問題なくコミュニケーションが取れる方)IELTS6.0以上目安
- 日給は1万円前後となりますが、仕事内容や時間数によって若干変わります
- オリンピック期間中は週5-6日、一日8時間前後の勤務となります

トレーニング応募
ウェブサイト(https://www.obs.tv/btp)からご応募ください。
トレーニングは全て英語で実施。応募時に30分の英語力テストあり。

参考資料
1.プログラムのご紹介フライヤー(日本語版/英語版
2.ウェブサイト(https://www.obs.tv/btp)では、OBSと当プログラムの説明、動画、学生が参加可能なさまざまな分野の説明、過去の大会の写真がご覧になれます。
3.記事紹介https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/55386

その他のポジションを希望する場合
アーカイブス以外のポジションは既に申し込みで埋まっていますが、キャンセルが出た場合、ご案内できる可能性があります。
キャンセル待ちも募集しております。入力できるところまでお申込みフォームをご入力いただきましたら、キャンセル待ち希望とチラシに記載しています代表メール(btp.tokyo@obs.tv) までご連絡をお願いいたします。

***************************

オリンピックメディアインターンプログラムとは
オリンピック放送機構はオリンピックを主催するIOC(国際オリンピック委員会)組織内にて、オリンピックのすべての競技と開会式、閉会式の撮影・放送を担当する部署でございまして、現在、東京2020に向けてBTP(Broadcast Training Program)を実施しております。
こちらのプログラムは、オリンピック開催国の学生様に国際経験を積んで頂ける機会を提供する目的で30年に渡り行われており、10月11月に3-6日間で実施されます。
また、こちらのトレーニングにしっかりと参加いただきますと、ご希望の場合、ほとんどの方がオリンピック本番に国際放送センターおよび競技場のメディアゾーン内にて、世界各国からの報道・撮影関係者のサポート業務の有給インターンを行うことができます。