渡日・入学までの手続き

※入学者の方は必ず以下をご確認ください

2019年度「昭和女子大学 来日前の注意事項」

Japanese/English

査証(VISA・ビザ)の手続き
①本学国際交流センター(CIE)から郵送するCertificate of Eligibility(COE)と受入証明書を各自の所属する大学の担当者から受け取ってください。
②近くの日本大使館ないし領事館でビザの申請の手続きを行ってください。
  • ビザ申請書について
    申請するために以下の書類が必要となるので、ダウンロードし、必要事項を記入する。
    ビザ申請書(Visa Application Form to Enter Japan)
  • ビザ申請書に記入するときの注意点
    (a)滞在先(”Name and addresses of hotels or persons with whom applicant intends to stay”)
    ビザ申請の為に、以下の住所を記入する。本学には他にも寮があるため、ビザ申請用の仮の住所です。
    – 昭和インターナショナルハウス
    – 郵便番号:154-0004
    – 住所:東京都世田谷区太子堂1丁目4-22(1-4-22 Taishido, Setagaya-ku, Tokyo)
    – 電話番号:+81-3-3411-5249(b)保証人(’Guarantor or reference in Japan’)について保証人の欄は、本学の学長名を記入してください。記載する情報は、国際交流センターからEメールで送付します。
  • (3) 参考リンク
    ビザ申請の際にわからないことが多々あると思いますが、以下の日本の外務省のリンクを参考にしてください。
    なお、ビザは「長期滞在」扱いで、ビザのカテゴリーは「留学」になります。また上記のリンクに加えて、各国の日本大使館や領事館のウェブサイトも確認することを推奨(すいしょう)します。
書類提出

必要事項の記入と署名をして、期日までにinbound@swu.ac.jp宛に送ってください。

<提出方法>
書類を必ずスキャンし、PDFを添付してください。
①アレルギー調査票(ちょうさひょう)
②個人情報同意書(こじんじょうほうどういしょ)
③Study Plan
本学で取らなければならない科目数、単位数を所属大学で確認した上で作成してください。
Skype面談について

Skype面談(所要時間:10分程度)
同じ大学の学生はできるだけまとまってグループで面談します。
内容は、テストではなく、事務的な確認と、来日前の質問などをする機会となります。
面談日は本学が指定する日程から選択して、メールで担当者に連絡してください。
時間:日本時間10時~16時までの間

出国準備

留学生として日本に来るときは、次に挙げるものを準備する必要があります。

  • パスポート(旅券)
  • 査証(ビザ)
  • 航空券
  • 写真(3枚程度 縦4センチ×横3センチ)
航空券の予約

来日日を決めるときは、以下の2点を参考にして、早めに予約しましょう。

(a)オリエンテーションの日まで余裕(よゆう)をもって準備ができるよう、オリエンテーションが始まる前日までに日本に着くようにしてください。

(b)日本に着いた日に寮(りょう)にチェックインできるように15:00までに空港(成田または羽田)に着くようにしてください。15:00より後に着く場合は、その日に寮にチェックインができないことがあります。その場合は各自でホテルを予約、宿泊し、寮のチェックインは翌日になりますので注意してください。