日本に来てからの手続き

入国手続き

パスポート(旅券)や査証(ビザ)及び在留資格認定証明書(ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょ)を確認の上、入国審査官によって、在留資格と在留期間が決められます。留学生が成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、新千歳空港、広島空港、福岡空港から入国する場合、旅券(パスポート)に上陸許可の証印をするとともに、「在留カード」が交付されます。

寮、大学への移動

日本到着、チェックイン(ホストシスターが当日空港まで迎えに行きます)
キャンパスへのアクセスはこちら

大学でのスケジュール

オリエンテーション、健康診断、クラス分けテスト、履修登録(りしゅうとうろく)住民登録、銀行口座開設(ぎんこうこうざかいせつ)、携帯電話契約、授業開始、留学生ウェルカムパーティーなど

日本で生活するための手続き

※ここから先は大学のオリエンテーションで詳しく説明します。
また、実際の手続きは、ホストシスター(バディ)の学生が一緒に行ってお手伝いします。

1.在留(ざいりゅう)カード・転入届(てんにゅうとどけ)
入国時に交付された「在留カード」は外出する時はいつでも持っていなければなりません。持っていなかった場合、20万円以下の罰金が課されることがあります。また、住居地を定めてから14日以内に在留カードを持って、区役所や市役所で住民登録(転入届の提出)をしてください。
(注意)旅券に「在留カードを後日交付する」という内容が書いてある方を含みます。その場合には、旅券(パスポート)を持って行き、手続きをしてください。
在留カードに書いてある内容(氏名、生年月日、性別、国籍・地域)に変更があったときには、変更があった日から14日以内に、東京入国管理局で届け出てください。

※在留カードを紛失したとき
在留カードを紛失した場合は、紛失の事実を知った日から14日以内に在留カードの再交付(さいこうふ)申請(しんせい)を行なってください。

2.区役所・市役所での手続き
  • 住民登録(転入届)※在留カードが必要です
  • 住民票の取得 ※住民登録をすると申請できます
  • 国民健康保険加入
(1) 住民登録(転入届)

住民登録(転入届)を区役所・市役所で行うと、「住民票」の発行申請ができます。日本で生活するときの様々な手続きを行うときに必要ですから、日本に着いたら、すぐに住民登録を行ってください。

(2) 国民健康保険(通常「国保:こくほ」と呼んでいます)

『国民健康保険』とは、病気やケガをしたときに、国や市・区・町などの地方自治体や個人が医療費を分担することによって、個人が経済的な心配をすることなく、治療を受けられることを目的とした日本の医療保険制度です。日本に3か月以上在留する外国人は、全員「国民健康保険」に加入することになっています。国保の加入者が、国保を取り扱う病院(ほとんどの病院は国保を取り扱っています)で診療を受けた場合、医療費総額の30%を個人が支払い、残りの70%を国保が負担します (薬代は別になります) 。※国民健康保険は、美容整形、歯列矯正(しれつきょうせい)、出産には適用されません。

<国民健康保険の加入時期>

来日した時点で、すぐに加入してください。

<国民健康保険の加入方法>

住んでいる市区町村の区役所/市役所等に住民登録(転入届)をする時、同時に国民健康保険課にて加入の申し込みをします。後日、「国民健康保険被保険者証」が交付されます。(有効期間1年)申し込みには、在留カードまたは住民票(または転入届を申請していることの分かる書類)が必要になります。

<国民健康保険の費用>

国保の保険料は、住んでいる市区町村によって違いますので、それぞれ居住する区役所/市役所等に確認してください。前年度無収入(むしゅうにゅう)の場合は、無収入の申告をすると保険料が安くなります。

<引越ししたとき>

引越ししたときには、前の市(区)の保険証を持って転居先の役所で国民健康保険の変更手続きを行ってください。