2020/03/13

【交換留学生】キム ジナさん(韓国 淑明女子大学)

キム ジナさん
キム ジナさん
2019年度Academic Program
(韓国 淑明女子大学)

国際交流センターでは、外国人留学生の体験談をご紹介しています。
今回は、2019年度Academic Program参加のキム ジナさんです!
キム ジナさんは、韓国の淑明女子大学に在籍、交換留学生として
本学に留学しました。
日本語授業に加え、日本人学生と一緒に通常授業を履修しています。

留学しようと思ったきっかけはなんですか?

大学の専攻が日本学のため、日本語をはじめ、日本について色々学びました。
そこで、日本や日本の文化や興味を抱き、韓国で学ぶ日本だけではなく本当の日本について経験したいと思いました。

留学先を昭和女子大学に決めた理由を教えてください。

昭和女子大学を選んだ理由は留学生だけの授業ではなく、一般の授業を日本人の学生と一緒に受けられる点が魅力的だったからです。
そこで、東京の真ん中にいて、生活も旅行もしやすそうだったから選びました。

原籍大学との違いで驚いたことはありますか?

最初に本当に驚いたのは校内で幼稚園から大学まであることと、昼休みの時間が決まっていることです。
元の大学は校内で大学しかないし、時間割は自分が決め、昼休みの時間が流動的だったので、その部分が一番不思議でした。

日本語の授業について感想を教えてください。

留学生だけ受ける日本語の授業は一般の授業に比べ、先生から優しく説明してくださってそんなに難しくなかったです。
一般の授業は自分の日本語能力が足りないため難しいところもありました。しかし、質問したら優しく説明してくださる先生のおかげでうまく終わりました。

休日や放課後はどのように過ごしていますか?

休みの日や放課後には近くのカフェに行ったり、友達に会って遊んだりしました。時々、連休の日には旅行に行ってきました。
日本で過ごしながら、大阪、京都、鎌倉、静岡、札幌など日本の各地を旅行しました。

 

大学での交流イベントや日本人の友達との交流について教えてください。

CHAWAのイベントを通じて、日本や他の国の学生と話す機会を貰って本当に楽しかったです。
そのイベントがなければほかの留学生の人とはあまり話せる機会をもらえなかったと思います。

半年間昭和女子大学で勉強をして、日本語はどのくらい伸びましたか?

まだ、足りないところは山ほどありますが、半年前と比べると結構成長したと思います。
半年前には日本語で自分の意見を述べたり、レポートを書いたりするのは考えられない事でしたが、今はできるようになったと思います。

昭和女子大学に留学して良かったことはなんですか?自分の中で留学前と変わったことはありますか?

思っていたより色々な人に出会えたところが良かったです。留学のプログラムを通じて、日本人の学生や他の国の学生に会えて交流できて楽しかったです。

これから昭和女子大学に留学を考えている学生にメッセージをお願いします!

留学という時期は、思っているより何も心配せず楽しく過ごせます。挑戦してみるのを怖がらないでください!!