2022/12/23

【学外】“Women Leading Together: Solidarity in Storytelling” STORY JAM Programのご案内

アメリカ大使館とマサチューセッツ大学のInstitute for Community Inclusion協賛で行われる英語によるデジタルストーリーテリングのプログラムをご案内します。

この9週間のオンラインプログラムは、日本人及びアメリカ人女性(18歳~35歳)を対象としたアドボカシー・ウェルビーイング向上、女性の権利向上などを目的とするデジタルストーリーテリングのプログラムです。女性として受けてきた社会的経験を日本とアメリカの異文化間で共有し、一人一人に丁寧なカウンセリングをしながら、自分のストーリーをデジタルビデオとして作成していきます。原稿の書き方、動画作成・編集の方法等はすべて教えてもらうことができるので、デジタルストーリーテリングや動画編集の経験は不問です。

プログラム情報

<プログラム期間>
2023年2月24日~2023年4月21日(予定)

<セッション予定日>
セッションは、上記期間中の毎週金曜日午前8時~10時(日本時間)
※注意※
・金曜日午前8時~10時(日本時間)に授業がない方のみ応募可能です。授業と重なる場合、公欠にはなりませんのでご注意ください。
・選考を通過した場合、一部参加や途中辞退はできません。

<プログラム概要>
・参加費無料、参加者定員10名程度
・各回2時間のグループセッション
・ファシリテーターによる個人サポート
・原稿作成、動画作成
詳細は募集要項をご確認ください。

応募情報

<応募方法>
以下の募集要項でプログラム詳細を確認のうえ、各自で直接お申し込みください。
https://inclusionmatters.communityinclusion.org/en/STORYJAM22_dec.pdf

<応募期限>
2023年1月31日

問い合わせ

プログラム・応募方法に関するご質問は、上記募集要項記載の連絡先に直接お問い合わせください。